なぜ日本トランスライフ協会を設立したか?

クライオニクス・マガジン(第102号 2016/7)

JCAの主要メンバーが(一社)日本トランスライフ協会
(JTLA)を設立いたしましたことをご報告いたします。

年内のクライオニクスサービス提供を目指しています。
今回からクライオニクス・マガジンもJTLAが発行します。
今後とも、どうぞ、よろしく、お願いいたします。

========================================================
なぜ日本トランスライフ協会を設立したか?
========================================================

私達が日本トランスライフ協会を設立した理由は2つです。

ひとつは、クライオニクスサービスを提供する団体が
任意団体では社会の信頼を得られないことです。
一般社団法人として法人格を取得いたしました。

もうひとつは、私達が目指していることは人間の活動範囲を広げる
ことであり、クライオニクスはその手段であることを主要メンバーで
確認したためです。JTLAはそのための3つの事業をいたします。

(1)人間の知的能力を拡張する調査研究
(2)人間の生命を保存する調査研究
(3)人体を長期保管する組織と連携した人体の保存

WEBサイトも一部作成中のものがありますが立ち上げました。
http://www.translife.jp/

まずはJTLAとは? をお読みいただくと嬉しいです。

JTLAとは

技術解説やFAQにも力を入れています。ぜひごらんください。

========================================================
クリオロスに行ってきました
========================================================

2016年6月、当協会の代表理事を含む役員3名がロシアの
クライオニクス・プロバイダ「クリオロス」を訪問しました。
協力関係をいっそう強固なものとし、クライオニクスのサービスを
年内に提供するメドが付きました。サイトにレポートを
アップしましたのでご一読くださいませ。

ロシア訪問記

========================================================
アルコーの情報/2011年に保管された日本人
========================================================

今後もアルコーなど海外の情報もお伝えしていきます。
今日は2011年にアルコーに保存された日本人のレポートを
ご紹介します。アルコーと協力関係のあるホスピスで
亡くなったのでかなりいい状態で保管されました。

http://www.alcor.org/Library/pdfs/casereportA2361ChihiroAsaumi.pdf

ホスピスとの連携は日本でも模索を始めています。

●● MIXIにもコミュニティあります。参加歓迎!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=859637

●● クライオニクス・マガジン、バックナンバーもごらんください。
http://archive.mag2.com/0000015596/index.html

============クライオニクス・マガジン============
・発行者:日本トランスライフ協会
web : http://www.translife.jp/
e-mail : info@translife.jp
・このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
=================================================

ロシア訪問記

2016年6月、日本トランスライフ協会は代表理事を含む役員3名をロシアのクライオニクス・プロバイダ「クリオロス」(KrioRus)に派遣し、クリオロスとの協力関係をいっそう強固なものにしました。当協会は立ち上げ準備中からクリオロスとの連携による日本人向けクライオニクスサービスの提供をめざしてクリオロスとメール等で調整をしてきましたが、双方の役員がこの訪問で始めて会い、信頼関係とビジネスパートナーシップ築くことができました。

3人はモスクワのクリオロス事務所を6月11日に訪ね、以下の2つの目的でプレゼンテーションをしました。
(1)日本トランスライフ協会と日本におけるクライオニクス事情の紹介
(2)クリオロスとの連携で日本でクライオニクスのサービスを提供するための課題の解消

クリオロスからもプレゼンテーションと事前に送った質問へのていねいな回答があり、輸送時の課題等がほぼ解消し、日本人向けにクライオニクスのサービスを提供できる見込みが立ちました。年内にはサービスを開始する予定で準備を進めています。

成果の大きな訪問でした。代表のバリレアさん、幹部であるメドベージェフさんをはじめクリオロスの主要メンバーとのいい関係ができただけでなく、実際に患者を極低温で保管されている施設や連携している研究機関も訪問することができました。ロシアでは社会でのクライオニクスの受容度はとても高く、マスコミも好意的であるとのことでした。実際、訪問団は取材を受けただけでなく、ドキュメンタリー番組に出演する機会までありました。

翌12日も事務所を訪ね、クライオニクス処置のための機材を見学し、機材の一部と書籍をおみやげとしていただきました。
成果の大きかった訪問、ニュースレターでも報告を予定しています。
ロシア、モスクワの風景

ロシア、モスクワの風景

21st Century MedicineがBrain Preservation Prizeを獲得、他

クライオニクス・マガジン(第101号 2016/2)

2016年、この年を日本でにクライオニクスサービス提供の
年にすべくがんばっています。事業に加わる仲間募集中です!
========================================================
21st Century MedicineがBrain Preservation Prizeを獲得
========================================================

クライオニクス技術で最先端を走る21st Century Medicineは今年、
脳の構造を保管出来たら3万ドル出すというBrain Preservation Prizeを
獲得しました。ウサギの脳全体を低温保存してシナプスレベルで構造が
保たれている事が確認できたとのことで、で記憶も保たれている
可能性が高まりました。クライオニクスは低温保存からの
将来の復活に希望を持てる技術まで進化したと言えると思います。

http://www.kurzweilai.net/new-cryopreservation-procedure-wins-brain-preservation-prize?utm_source=KurzweilAI+Daily+Newsletter&utm_campaign=99e2e9bd12-UA-946742-1&utm_medium=email&utm_term=0_6de721fb33-99e2e9bd12-282179513
========================================================
脳を保存してAIに意識を移行させる団体が設立
========================================================

上の記事にも関係するニュースです。クライオニクスからの蘇生は
まだ技術が確立していません。しかし、シナプスレベルで構造が保たれれば
死亡後に人格や意識のデータ復旧が出来る可能性がとても高いわけです。
その場合、肉体を蘇生するのではなくコンピュータにその構造を
コピーするほうがよいうという考えは当然あります。

それを目的とする団体が最近設立されました。「HUMAI」という団体です。
脳を凍結保存し技術確立後にAIに意識を移行させることを目指しています。
以下は紹介記事のリンクです。「HUMAI」へのリンクもあります。

http://amrit-lab.com/c/AM547.html
========================================================
Yutubeのクライオニクス
========================================================

最近、Yutubeでも日本語の動画が見られるようになりました
2つご紹介します。最初の動画は保存料が昔の価格だったり、
2番目の動画は保存されている人数が間違えているなど
内容としてはいまひとつのところもあるのですが、
見ていて面白いので、ご紹介させていただきます。

人体冷凍保存(クライオニクス)をして いつか蘇性出来る日を 待つ人達

冷凍保存された脳は目覚めても記憶を保持できていることが判明(米研究)

●● MIXIにもコミュニティあります。参加歓迎!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=859637

●● クライオニクス・マガジン、バックナンバーもごらんください。
http://archive.mag2.com/0000015596/index.html

============クライオニクス・マガジン============
・発行者:JCA e-mail : mid_hikaru@yahoo.co.jp
HP : http://www.cryonics.jp
・発行人:緑川ひかる(http://www.cryonics.jp/hikaru)
・このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
=================================================

kriorusとの協業で日本でのサービスを開始予定です、他

クライオニクス・マガジン(第100号 2015/11)

1999年5月に発刊したクライオクスマガジン
16年かかって100号まで来ました。ありがとうございます。
欧米に比べまだ日本での受容度が低いクライオニクスですが、
今後も普及に向けがんばります。
========================================================
kriorusとの協業で日本でのサービスを開始予定です
=======================================================

これまで何回か、日本でのサービス開始の検討をしているとの
お知らせをしてきましたが、サービス開始には至りませんでした。

その最大の問題は、クライオニクスの「処置前半」が日本で
できなかったことにあります。米国での保存の方法は、
死後速やかに現場で処置したあと、保管場所に送って
マイナス196度まで冷やして長期保管する手法でした。
この「死後速やかな現場での処置」をする体制が
日本で作ることができませんでした。

しかしながら、kriorusは現地の処置がなくても頭を下にして
マイナス80度で保管しておけば搬送を受け入れるとのことでした。
前回ご紹介したkriorusに保管された日本人はこの方法で
保管されました。この手法であれば日本でサービス可能との
結論に至りました。kriorusとの調整を開始しています。

来年夏ころサービス開始の予定で準備中です。
事業に参加されたい方大募集です。ご連絡ください。
========================================================
翻訳プロジェクト参加募集!
=======================================================

日本で「処置前半」をやらない形でのサービスの開始が射程に
はいってきました。嬉しいことです。しかし、蘇生の可能性は
現場で処置した方が高いのです。JCAは来年アルコーに
トレーニングにいくことを検討しており、そのために
アルコーの処置を日本語に翻訳するプロジェクトを始めます。

処置マニュアルはこのマニュアルの5ページからです。
http://www.alcor.org/cryonics/Cryonics2010-3.pdf

こちらも参加大募集です。
========================================================
ついに日経ビジネスに!
========================================================

クライオニクスの記事が日経ビジネスオンラインに出ました。
このメールマガジンを始めたころには考えられませんでした。
しかも、実に的確に紹介してくれています。必読です。
100号でこの紹介ができて嬉しいです。

(前篇)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/277463/062300001/

(後編)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/277463/062400002/

●● MIXIにもコミュニティあります。参加歓迎!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=859637

●● クライオニクス・マガジン、バックナンバーもごらんください。
http://archive.mag2.com/0000015596/index.html

============クライオニクス・マガジン============
・発行者:JCA e-mail : mid_hikaru@yahoo.co.jp
HP : http://www.cryonics.jp
・発行人:緑川ひかる(http://www.cryonics.jp/hikaru)
・このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
=================================================