サービス開始です(パンフレットを作成いたしました)

クライオニクス・マガジン(第104号 2017/01)

SAPIOに日本トランスライフ協会登場!
メディアからの取材、増えています。

========================================================
サービス開始です(パンフレットを作成いたしました)
========================================================

あけましておめでとうございます。
昨年12月、クライオニクスサービスのパンフレットを作成し、
正式にサービスを開始いたしました。

パンフレット、ご一読いただきますと幸いです。
以下のページの下のほうにあります。

クライオニクス(K)

クライオニクスのサービスは会員向けになっています。
会員、大募集中です。正会員は年会費1万円ですが、
年会費3000円の賛助会員制度も作りました。
正会員との違いは、賛助会員は議決権がないだけです。
以下、会員募集のページです。

一般会員募集

入会、心からお待ちしております。
========================================================
SAPIOに日本トランスライフ協会登場
========================================================

いま発売中のSAPIOに「不老不死医療最前線」という特集が
掲載されており、クライオニクスにも1ページがさかれ、
日本トランスライフ協会も登場しています
115ページです。ぜひお読みください。
========================================================
クライオニクス研究所のニュースレター
========================================================

今回のCIのニュースレターの内容が充実していたので
ご紹介いたします。

http://www.cryonics.org/images/uploads/magazines/CI_News_04-2016.pdf

昨年のAGMのレポートなど情報盛りだくさんです。
日本人の会員は4人で残念ながら増えていません。
========================================================
書籍紹介:蘇生科学があなたの死に方を変える
========================================================

昨年3月に出た本です。優れた内容ですが見逃しておりました。
救命医療や人工冬眠の話題もありますが、
クライオニクスにも一章を割いてアルコー延命財団の40周年記念大会に
出席してスタッフに技術的な質問を投げかける様子が書かれています。
大変面白く読みました。

以下、翻訳者自らが紹介した記事です。
http://honz.jp/articles/-/42561

●● MIXIにもコミュニティあります。参加歓迎!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=859637

●● クライオニクス・マガジン、バックナンバーもごらんください。
http://archive.mag2.com/0000015596/index.html

============クライオニクス・マガジン============
・発行者:日本トランスライフ協会
web : http://www.translife.jp/
e-mail : info@translife.jp
・このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
==========================================

日本未来学会 年次大会に当協会の中島監事登壇

クライオニクス・マガジン(第103号 2016/11)

日本トランスライフ協会でのクライオニクスのサービス提供、
もう少しでアナウンスできる見込みです。

日本未来学会にもメンバー登壇します。活動領域が広がっています。

========================================================
日本未来学会 年次大会に当協会の中島監事登壇
========================================================

伝統ある日本未来学会の今年の年次大会に、中島監事が登壇します。

テーマは「プレ・シンギュラリティで世界はどう変わるか~
技術革新がもたらす経済と生命の新次元」で、まさに
日本トランスライフ協会が取り組むべきテーマです。

少し長いですが趣旨を掲載します。

人工知能とロボティクスの発達によって、これまで人間を必要としてきた
仕事が置き換わろうとしている。これを雇用機会の減少として
問題視する見方もある。しかし一方では、これらの自動化技術は
生活に必要なインフラを自ら生産するための強力なツールにもなり得る。
そのシナリオが機能すれば長期的には人類が収入を得るための労働から
解放される日が来るかも知れない。

生命科学や神経科学は、人間の知性が大脳皮質の中にある100兆個の
シナプスによって形成されている事を明らかにした。
現在ナノテクロノジを駆使して、全てのシナプスに記憶されている情報を
保存する計画が米国政府主導で進行している。人類が生物学的寿命の
限界から解放される日もまた、そう遠くはないかも知れない。
本シンポジウムでは発達した人工知能と自動化技術によってもたらされる
雇用・経済などの社会変革と、生命工学やナノテクノロジによって
もたらされる人間の生命や創造性に生じる変化を多角的に議論する。

メインスピーカーは「人工知能と経済の未来」でブレイクした
駒澤大学経済学部の井上智洋先生です。中島はコメンテータとして
登壇します。関心ある方のご参加、大歓迎です。

日時 : 2016年12月19日(月)13時~14時45分
会場 : 日本科学未来館(会議室2)
主催 : 日本未来学会

参加費は未定ですが資料代のみです。1000円程度になると思います。

(人工知能と経済の未来)
http://honto.jp/netstore/pd-book_27939544.html
========================================================
人工知能の参考サイトご紹介
========================================================

人工知能についてはこの1年で技術も進み、関連サイトも
数多くあります。この分野で最も注目すべき人物は
WIRED誌創刊編集長のケビン・ケリーだと思います。
7月に「インターネットの次に来るもの」が出版されました。

以下のインタビュー記事が秀逸です。ぜひご一読ください。
http://toyokeizai.net/articles/-/128573

(インターネットの次に来るもの)
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000817042016.html
========================================================
クライオニクスの記事
========================================================

クライオニクスマガジンなのにクライオニクスの話題がなかったので
ご紹介すべきWEBがないか検索したところ、おもしろいサイトが
見つかったのでご紹介します。

「2015年現実に起こった?SF的な出来事まとめ」というサイトで、
人工知能の話題もあります。クライオニクスの話題は最年少2歳で
保管されたアインズちゃんのお話しでした。

http://www.gizmodo.jp/2015/12/futuristic_predictions_cametrue.html

●● MIXIにもコミュニティあります。参加歓迎!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=859637

●● クライオニクス・マガジン、バックナンバーもごらんください。
http://archive.mag2.com/0000015596/index.html

============クライオニクス・マガジン============
・発行者:日本トランスライフ協会
web   : http://www.translife.jp/
e-mail : info@translife.jp
・このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
=================================================

なぜ日本トランスライフ協会を設立したか?

クライオニクス・マガジン(第102号 2016/7)

JCAの主要メンバーが(一社)日本トランスライフ協会
(JTLA)を設立いたしましたことをご報告いたします。

年内のクライオニクスサービス提供を目指しています。
今回からクライオニクス・マガジンもJTLAが発行します。
今後とも、どうぞ、よろしく、お願いいたします。

========================================================
なぜ日本トランスライフ協会を設立したか?
========================================================

私達が日本トランスライフ協会を設立した理由は2つです。

ひとつは、クライオニクスサービスを提供する団体が
任意団体では社会の信頼を得られないことです。
一般社団法人として法人格を取得いたしました。

もうひとつは、私達が目指していることは人間の活動範囲を広げる
ことであり、クライオニクスはその手段であることを主要メンバーで
確認したためです。JTLAはそのための3つの事業をいたします。

(1)人間の知的能力を拡張する調査研究
(2)人間の生命を保存する調査研究
(3)人体を長期保管する組織と連携した人体の保存

WEBサイトも一部作成中のものがありますが立ち上げました。
http://www.translife.jp/

まずはJTLAとは? をお読みいただくと嬉しいです。

JTLAとは

技術解説やFAQにも力を入れています。ぜひごらんください。

========================================================
クリオロスに行ってきました
========================================================

2016年6月、当協会の代表理事を含む役員3名がロシアの
クライオニクス・プロバイダ「クリオロス」を訪問しました。
協力関係をいっそう強固なものとし、クライオニクスのサービスを
年内に提供するメドが付きました。サイトにレポートを
アップしましたのでご一読くださいませ。

ロシア訪問記

========================================================
アルコーの情報/2011年に保管された日本人
========================================================

今後もアルコーなど海外の情報もお伝えしていきます。
今日は2011年にアルコーに保存された日本人のレポートを
ご紹介します。アルコーと協力関係のあるホスピスで
亡くなったのでかなりいい状態で保管されました。

http://www.alcor.org/Library/pdfs/casereportA2361ChihiroAsaumi.pdf

ホスピスとの連携は日本でも模索を始めています。

●● MIXIにもコミュニティあります。参加歓迎!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=859637

●● クライオニクス・マガジン、バックナンバーもごらんください。
http://archive.mag2.com/0000015596/index.html

============クライオニクス・マガジン============
・発行者:日本トランスライフ協会
web : http://www.translife.jp/
e-mail : info@translife.jp
・このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
=================================================

ロシア訪問記

2016年6月、日本トランスライフ協会は代表理事を含む役員3名をロシアのクライオニクス・プロバイダ「クリオロス」(KrioRus)に派遣し、クリオロスとの協力関係をいっそう強固なものにしました。当協会は立ち上げ準備中からクリオロスとの連携による日本人向けクライオニクスサービスの提供をめざしてクリオロスとメール等で調整をしてきましたが、双方の役員がこの訪問で始めて会い、信頼関係とビジネスパートナーシップ築くことができました。

3人はモスクワのクリオロス事務所を6月11日に訪ね、以下の2つの目的でプレゼンテーションをしました。
(1)日本トランスライフ協会と日本におけるクライオニクス事情の紹介
(2)クリオロスとの連携で日本でクライオニクスのサービスを提供するための課題の解消

クリオロスからもプレゼンテーションと事前に送った質問へのていねいな回答があり、輸送時の課題等がほぼ解消し、日本人向けにクライオニクスのサービスを提供できる見込みが立ちました。年内にはサービスを開始する予定で準備を進めています。

成果の大きな訪問でした。代表のバリレアさん、幹部であるメドベージェフさんをはじめクリオロスの主要メンバーとのいい関係ができただけでなく、実際に患者を極低温で保管されている施設や連携している研究機関も訪問することができました。ロシアでは社会でのクライオニクスの受容度はとても高く、マスコミも好意的であるとのことでした。実際、訪問団は取材を受けただけでなく、ドキュメンタリー番組に出演する機会までありました。

翌12日も事務所を訪ね、クライオニクス処置のための機材を見学し、機材の一部と書籍をおみやげとしていただきました。
成果の大きかった訪問、ニュースレターでも報告を予定しています。
ロシア、モスクワの風景

ロシア、モスクワの風景